大腸がん検診と大腸がんの症状とポイント

現代社会においてはストレスや不規則な生活、様々な生活習慣の変化により、健康を維持することがますます難しくなっています。そのため、定期的な健康診断は自身の健康状態を確認し、疾患の早期発見や予防に欠かせない手段となっています。この記事では、大腸がん検診に焦点を当て、異常の兆候や検査のポイントについて詳しく掘り下げていきます。大腸がん検診に関する基本的な知識を深め、自身の健康に対する理解を深めましょう。

大腸がんとは

大腸がんは、大腸や直腸にできるがんの総称です。一般的には腺腫が原因で発生し、段階的に進行することが多い病気です。大腸がんは初期段階では症状がほとんど現れないことがあり、そのため定期的な検診が重要です。 

大腸がん検診とは

大腸がん検診は、大腸がんの早期発見と治療を目的とした検査です。主な検査法としては、便潜血検査、大腸内視鏡検査(コロノスコピー)、CTコロノグラフィーなどがあります。これらの検査は、異常が見つかった場合、早期段階での治療を可能にし、生存率を向上させる役割を果たします。

大腸がんの症状と気をつけるべき兆候

腸の異常な動き

大腸がんの初期症状として、腸の異常な動きが挙げられます。便秘や下痢、排便時の痛みや違和感など、通常と異なる症状が見られる場合は注意が必要です。

血便や便潜血

便中に血が混じることや、便潜血が認められる場合も大腸がんのサインとなります。これらの症状が続く場合は、早急に医療機関を受診しましょう。

腹部の腫れや痛み

大腸がんが進行すると、腹部に腫れや痛みが生じることがあります。これは腫瘍が周辺組織に圧迫をかける結果として現れます。 時には腸閉塞を発症し、急激に腹痛や嘔吐などが生じることもあります。

体重の急激な減少

大腸がんによる悪影響が進むと、体重が急激に減少することがあります。消化器系のトラブルにより栄養の吸収が阻害され、食欲も低下し、体重減少が生じる可能性があります。

リスクファクターについて

大腸がんの家族歴がある人、大腸ポリープを持っている人、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患の歴史がある人は大腸がんのリスクが高まります。
したがって、このようなリスクファクタ―のある人は定期的な大腸内視鏡による検査が勧められます。

日々気をつけられること

バランスの取れた食事

バランスの取れた食事は大腸がんの予防に有効です。
脂肪・低繊維の食事、赤肉や加工肉の過剰な摂取はリスクを高めるとされています。
食物繊維や抗酸化物質を多く含む野菜や果物、全粒穀物を積極的に摂取しましょう。

定期的な運動

定期的な運動は血流を良くし、腸の健康を維持するのに役立ちます。ウォーキングやジョギング、水泳など、自分に合った運動を取り入れましょう。

禁煙・適量のアルコール摂取

喫煙は大腸がんのリスクを高める要因の一つです。また、過度なアルコール摂取もリスクを増加させることがあります。禁煙や適量のアルコール摂取を心がけましょう。

適切な体重の維持

肥満も大腸がんのリスクを高める要因ですので注意が必要です。

定期的な健康診断

大腸がんは初期段階では症状がほとんど現れないことが多いため、定期的な健康診断が重要です。特に50歳以上の方は、大腸がん検診を積極的に受けましょう。

まとめ

大腸がんは早期発見が治療の鍵となる重篤な疾患です。大腸がん検診を受けることで、異常が早期に見つかり、治療の成功率が向上します。また、日々の生活習慣や食事、運動などに気をつけることで、予防にも寄与します。健康診断を受診する際には、大腸がん検診の必要性を理解し、定期的な検査を受けることで、健康な暮らしをサポートしましょう。

関連記事